文京区で保活2018

保活の記録です。

文京区で保活②認可保育園を知る

保活が始まった!

前回記事で保活の初期に行ったことを書きました。
bunkyo-hokatsu.hatenablog.com



まずは何といっても資料を手に入れること。そして、先着順で申し込みを受け付けたり、各園によって申し込み方法の異なる認証・認可外保育園を調べることが先決です。

じゃあ本命の認可保育園はいつ何をすればいいのか?について考えたことを今回は書きたいと思います。
f:id:adijopuw:20170711164621p:plain


大前提。

文京区のHPか、区役所にて認可保育園の住所・連絡先・保育年齢一覧、内定指数一覧、募集定員・申込者数一覧を手に入れましょう。

内定指数一覧の見方

保育園に申し込むには、「我が子がどれだけ保育の必要性を求めているか」を分かってもらう書類を提出しなければなりません。その書類によって弾き出された「指数=ポイント」が各家庭の持ち点になります。
そして多くの家庭が「26点」の持ち点をもって保活に臨みます。さらに、この内訳は、①両親フルタイム②文京区民③新規入所(初めての子)④祖父母遠方(頼れる人がいない)を足した数です。
恐ろしいことに、みんな土台が同じなのですね。
内定指数一覧を見ると、それぞれの園、それぞれのクラスに対し、「26」だの「27」だの数字が振ってあります。つまり、その園のそのクラスに入れた人の持ち点は26点が最低点でした、ということです

募集定員・申込者数一覧の見方

例えば久堅保育園を例に挙げると、0歳募集人数が「12」人、申込者数が「71」人、というように読みます。ゲゲゲー!って感じですが、文京区は認可保育園の希望を5つまで聞いてくれます。この申込者数71人とは、第1~5希望までのいずれかに「久堅保育園」を書いた人の総数です。第1~5まで均等に書かれていることはないでしょうが、この保育園に実際入りたく思っている家庭は実際1/5かもしれません。71人のうち、指数の高い人たちは久堅保育園より上位希望で出した園に決まるかもしれない、ということです。


戦略を立てる

さて、上で説明した観点から、資料を見ながら「ここは無理、入れない。」って保育園をリストから外していきます。もちろん、年度によって指数や申込者数の増減はあると思いますので、どの程度まで候補に入れるかは何とも言えません。あ、あともちろん「保育年齢」もしっかり見てくださいね!1歳から、とか、逆に2歳までとか園によっていろいろです。


候補の中から通える範囲の園をさらに絞る

当然、実際通えないところを候補にしても無意味なわけで。
でも住所なんて眺めても実際通えるかどうかわからない、、、という方は、こちらを参考になさって下さい。
drive.google.com



見学に行く

実際に使う移動手段で園に見学に行くと、「意外とバスで20分て遠いな…」とか「徒歩距離は問題なし」とかわかることがあります。
認証・認可外の保育園は出足速い人もいますが、認可保育園って皆さんいつ見学に行くんだろう?
私も結局2園行ってあとはまた後日…なんて悠長に構えてますが…。


スケジュールの確認

ここまで園の候補を絞り、あとは申し込むだけーと思ってたらいつのまにか申込期間終わってたわ…とならないよう、スケジュールを大まかに把握しておきましょう。
昨年度は11月18日(金)~12月7日(水)が申込期間だったようです。パンフレットの配布がおよそ1カ月前から?と聞いたことがありますので、10月初旬にパンフレットをもらい、書類の準備をし、必要なことは区役所に聞きに行き、なるべく見学を済ませ、、、期限までに申し込みを済ませる、という流れになります。また、昨年度の承諾・不承諾決定日は2月10日でした。


29年度保活どうだった?

2chの保活スレ(【承諾】保育園入園情報交換スレPart15【不承諾】)から、文京区の報告者のレスを拾ってみたところ、以下のようになりました。
f:id:adijopuw:20170711180807p:plain

上の方々は承諾された方ということで、Aさん除いて全員基本となる26点を超えた指数をもっていることがわかります。結局は「どうしても入れたいならば28点を目指しなさい」ということですね…。

さて、受託・待機の点を付けるとすると、6カ月以上「認可園に入りたいけど空きがないので、認証・認可外保育園に預けながら働いている」という状態にする必要があります。3月末の時点で6か月ということは、10月には認証・認可外保育園が定める入園可能な月齢を超えていることが必要です。もっと言えば、認証保育園や、人気の高い認可外保育園は年度途中での空きはあまりありませんから、運の要素も必要かもしれません。



まとめながらため息しか出ませんでした。
文京区コミュニティサイト@buncomiさんのTwitter情報(6月9日)によると、文京区の待機児童283人とのことです。恐らく来年も文京区の0歳赤ちゃんの5割が認可保育園、3割強が認証か認可外の保育園、臨時保育所保育ママさんなどに預けられ、2割弱がどこにも入れないって感じになるのではないかと思います。

文京区で保活①認可外・認証保育園を知る

1.区役所に行こう

まずは情報収集です。区のHP(や、東京都福祉保健局のHP)から必要な資料をダウンロードするか、実際に区役所に行って「30年度の保育園入園を考えている」旨を伝えてください。
必要な資料は以下の4点。
①区内認可保育園の内定指数一覧
②募集定員・申込者数一覧
③保育園入園手続等の冊子
④認証・認可外保育園一覧


2.情報の取捨選択をしよう

手に入れた保育園一覧から、通える範囲の保育園を洗い出します。認可保育園、認証・認可外保育園問わず、まずは通えるところ全てをリストアップしましょう。
f:id:adijopuw:20170622120459p:plain
認証・認可外は区外であっても徒歩圏内・バスで一本など、通えるところもあるため隣接する区の住所も確かめてください。認可保育園と、認証・認可外保育園の申込先・申込方法は全く違うため、ここでは認証・認可外保育園の保活について説明していきます。(認可保育園の申込は11月からなので、先着受付順なども多々ある認証・認可外を先に攻めます)


3.認証・認可外保育園の見学予約をしよう

認証・認可外保育園は「先着受付順」の保育園もあるため、とにかくまずは予約をします。保育園のHPやブログなどで説明会の案内をしていることもあります。そういう案内があれば、電話の時にその案内を見た旨を伝えるといいと思います。また、4月は入園時期で忙しいため、電話は避けるべきと言われますが、実際のところいつならOKなのかはわかりません(;´・ω・)
私の場合は、5月の1週目から予約電話を始めました。5月から年度1回目の説明会を開く保育園もあるので、5月の1週目あたりにかけてみて、「また後日」と言われた場合は従えばよいのではと思います。なお、土曜日は担当者がいないので、などと予約がとりづらい傾向がありました。フルタイム勤務の方は大変だと思いますが、平日に電話をかけましょう!!


4.見学に行こう

…とその前に、あらかじめその保育園の予習をしておくこと!見学時にチェックすべきポイントを決めておくこと。各保育園にはHPがあったりするので、必要な部分を印刷して目を通しておくと良いです。チェックすべきポイントは通園に無理はないかや、園の外観・内観、先生たちの様子、子供たちの様子、食のこと、持ち物のこと、、、などです。
f:id:adijopuw:20170622120755p:plain
予約電話時に、伺う時間帯をこちらで決めてよいのであれば、登園が終わって朝の遊びの時間帯か、お昼寝後のおやつから室内遊びにかけての時間を指定すると良いです。


5.質問しよう&申込について確認しよう

気になったことはぜひ質問しましょう。ま、ただよほどその園に興味がある場合は色々聞けばよいと思いますが、私の場合は、言葉は悪いけれど認証・認可外はあくまで押さえ。0歳定員が実質何人か申込の実際の手続きについてをしっかり聞いておけばいいやと思いました。あと個人的には地震に対する備え(耐震構造か?避難場所は?など)を聞きました。…で、申込が今すぐできるのか、時期が来たらなのかよく聞いてメモしておきましょう。私が見学した保育園は①その場で申込書を出せるところ、②半年前から申込アナウンスをするところ、③半年前から手付金さえ払えば枠を確保できるところがありました。

平成30年度希望調査から。

平成30年度4月入園の一次募集結果を基に、0歳入園の倍率を計算してみました。
f:id:adijopuw:20180103203638p:plain

文京区の場合、第1希望から第5希望までの合算を公表しているので、申込人数を5で割った数が、募集人数に対してどれくらいかということで倍率を出しています。ですので、これはあくまで目安だとお考え下さい。
実際、昨年度も倍率1を切っている保育園で内定指数が28という場合もありました。


倍率上位は私立保育園ばかりです。お茶の水・根津も公設委託ですので、区立保育園は比較的不人気であると言えそうです。小規模園は再度保活をする必要があるので(あるいは幼稚園入学?)、不人気になりがちですが、東京こども保育園や根津保育園はかなり高い倍率になっています。サンライズはもともとの募集が2名ということで、倍率も高めに出てしまいました。
大塚保育園は前年の内定指数が28でしたので敬遠でしょうか、かなり倍率が低くなっています。というか、新設園がたくさんできた影響でしょうか、区立園はしおみ保育園が微増した以外、軒並み倍率が減少しています。
新設園で倍率の高い園としては、こひなたさくらさく保育園、にじのいるか千石第二保育園、モニカ本駒込保育園、サンライズキッズ保育園が挙げられます。それぞれ系列園がそこそこ人気でHPがしっかりしているからでしょうか。


倍率の高低を色分けしたマップも作ってみました。どの辺りが子育て人口の多い地域なのか、わかるかな?と思ったのですが、この地図から言えることは特にありません。
drive.google.com

必ずしも駅近園が人気ということもなく、やはり、サービスはどうか、園庭や散歩先はあるのか、規模は、、、など様々な要因で人気不人気に分かれてしまうのだと思いました。